展示紹介その③

「武田裕子 四宮義俊 二人展」@アートスペース羅針盤(京橋)
(2017年4月10日〜4月15日)

ポーラでの展示の翌月、アートスペース羅針盤にて四宮義俊さんとの二人展がありました。
四宮さんは東京藝術大学日本画科の先輩でもあるのですが、在学中はほとんど面識がなく、むしろ卒業してからの活動でその存在を知りました。
日本画科出身ではありますが、立体作品、アニメーション作品も手がける、とてつもなく多才な方です。
四宮義俊さんの公式サイト→ http://shinomiya.main.jp/

四宮さんの作品。植物が細密に描かれた絵の表面に薄い絹がかかっていて、絵がぼんやりと透けて見えるような構造になっています。絵と自分との間に空気の膜のような、微妙な距離感を感じさせる作品だなあと思いました。

私の作品。
「春の界」130cm×67cm(二枚一組)
最近何回か続けて描いている梅の枝をまた違う形で捉えてみようと思い制作しました。
実は2年くらい前に枝の部分を一気に描いて、イメージが膨らみそうだったのでそのまま置いておいたものを、今回花を描いて完成させました。私の作品制作は偶然性が入ってくる部分がとても多いのですが、この作品はその最たるものではないかと思います。またもう少し発展させられる気もしますが、時間がかかりそうです。


「春の界」のもとになったのは、画像左側の掛軸に仕立てた墨梅図です。中国留学中に、模写の授業で金農という清時代の画家の本物の墨梅図を間近で見ながら描かせてもらった作品です。この時は毎日水墨画の模写をしていたので、この縦120cmくらいの画面を1時間半くらいで一気に描いていました。一見、墨だけのシンプルな絵に見えますが、集中して描くとつづれ織りのような緊密に絡み合う空間を画面の中に感じて、これはすごい!と思いました。(以前の記事→http://www.takedahiroko.jp/2014/01/zenki/

右側の二幅の掛軸は四宮さんの作品です。なんと、表装も自分で仕立てたそうです。

小品たち。
羅針盤は初めて個展をした場所でもあるのですが、作品によって白くがらんとした空間が様々に変化する、作家にとってはちょっと恐ろしく、しかしやりがいのある空間です。

2017年春の展示その③「武田裕子 四宮義俊 二人展」