めずらしく書籍のご紹介です。
今月、母校の東京藝術大学の保存修復日本画研究室から新しい本が発行されて、一部ですが私の博士論文の内容や当時描いた復元模写の写真などが掲載されているのでご紹介したいと思います。
こちら!

日本画本

「日本画 名作から読み解く技法の謎」
東京藝術大学保存修復日本画研究室/監修
世界文化社/出版

この本は研究室の最近の博士研究を中心に構成されていて、日本画の古典技法や作品の背景についてなどが読めてとても面白いです。博士研究をベースにしているだけあって内容は少しマニアック、、、ですが文章は研究者というよりも一般の方向けに書かれているので読みやすかったです。
掲載されている研究は先輩達や後輩達のものがほとんどなので、学生のとき、研究の舞台裏を傍らで見ていた身としては、ぱらぱらとめくるだけで感慨深いものがありました。。
私の箇所は、博士の学生時代に研究した高野山所蔵の国宝「阿弥陀聖衆来迎図」の復元模写の内容が載っています。
阿弥陀聖衆来迎図(小)こちらはその模写です。写真では伝わりにくいですが幅4m以上あります。
現在は東京藝術大学の大学美術館に所蔵されています。

そしてなんとタイムリー(?)なことに現在、東京国立博物館で開催されている「日本国宝展」にこの模写の原本である国宝「阿弥陀聖衆来迎図」が展示されています!(http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1648

東京で見られるのはおそらく10年ぶりくらいではないでしょうか。
私は博士2年の時に所蔵元の高野山で原本調査をさせていただいて以来、4年ぶりの再会ということで、興奮のあまり、既に3回も博物館に見に行ってしまいました。
原本を見れば見るほど、やっぱり本物にはかなわないな、と思うと同時に、あーここも描いた、あそこもああだったという様に模写をしていた時の記憶がまざまざと思い出されて、すごく良く知っている友達に何年かぶりに再会したような、不思議と懐かしい感覚に陥ってしまいました。
前回拝観した時もちょうど年末に高野山に登って、底冷えのする霊宝館に籠って一日何時間もこのお像と向かい合っていたことなど、、、見ているとあの時の寒さと一緒に、対峙していた時に感じた色々な感情もこみ上げてきて、後にも先にもあんなに濃い年末の思い出はできないんじゃないかと思うくらいです。

展示は12/7(日)までです。
展覧会自体が大人気でかなり混雑しているようですが一見の価値ありです。
本の方も、どこかで見かけたら手に取って見て頂けると嬉しいです。

新刊「日本画 名作から読み解く技法の謎」