IMG_2059

杭州もいよいよ本格的に冬に突入しました。西湖もいつの間にか冬景色でとてもきれいです。
杭州の冬は、思ってたよりもずっと寒いです!!湿度があるせいか、肌に差し込むような寒さです。

DSC041949月の新学期が始まってから1ヶ月半ほど、ひたすら墨だけで「梅蘭竹菊」の運筆を学んでいた私ですが、黄山の写生旅行から帰ってきてからは彩色に昇格(?)して、ここ1ヶ月は陸抑非という画家の画法を集中的に学んでいました。陸抑非は画家でもあり教育者でもあった人ですが、中国美術学院では呉昌碩と同様に陸抑非の写生をとても重視していて、学部生も皆一度は陸抑非の模写を経験してから他の古典を勉強するようです。

呉昌碩などの達筆さに比べると、植物をそのまま写生したような感じで私としては親しみやすく、描いていて楽しいです。しかし筆の動かし方はやはりそれぞれの対象に合わせた特徴があります。私は椿から始めて藤、芙蓉、牡丹…と進んで行きましたが、筆の動かし方が違うと妙に重たい感じになったり、あるいは浅くなったり、形がつぶれてしまったり、、、見た目より難しいです。。。それぞれの植物の特徴がどう運筆と結びつくのかというところが、難しくもあり、ワクワクするところでもあります。

DSC04442これは藤。つるの部分は先生が描いてくれました。達筆〜!
少し様になってきたということで、最近は徐々に課題のサイズも大きくなって、自分で構成して描くようになってきました。

先生といえば、こちらの大学では「示範」といって先生が実際に教室で描いて見せてくれる機会がとても多いです。実際にどういう風に筆を使っているのか、画集や模本を見ても分からないことも何度か先生の示範を見ているうちに運筆のイメージができてきます。中国の画家が、誰に教わったのかという脈絡を重視するのもこの伝承の仕方に要因があるのではないかと思っています。

DSC04874時には花鳥の先生が書を書いてみせてくれることもあります。中国画は自分の作品に画賛を入れないといけないので先生も学生も皆書もひととおり勉強していて、様々な書体が書けたりします。私は書の経験は皆無なので、、、今になって絵と平行して練習しています。

 

IMG_1876まずは基本の楷書から、唐時代の褚遂良の書「陰符経」を模写しています。まだまだ長い道のりです、、、

書を勉強することは自分の作品の題字を書くということ以上に運筆の基礎を学ぶという意味があって、絵を描く上でもとても重要な基礎練習です。書で大事なのは「中鋒用筆」これは筆を立てて、筆の中心を使って描く、というような意味なのですが、この「中鋒」が言葉では何とも説明しづらい、とても感覚的なものです。私も最初は見よう見まねで筆を動かしていて、形を真似てもいまいちこの感覚がつかめなかったのですが、書を平行して勉強しているうちに、最近は何か筆の先に力がこもるような感覚を感じるようになってきました。特に写意画は書との結びつきがとても強いというか、書の延長線上に絵があるような、境目が限りなくあいまいなものだと感じます。

DSC04236これは杭州に来て初めて題字を入れた作品です〜!書は同級生の代筆ですが、落款も入れた初めての完成作品です。この日は先生のお友達の結婚式に皆で小品を描いてお祝いに行くという日で、私のこの作品も同級生の作品と共にお嫁に行きました。

このように(?)毎日思いもよらないことが色々あって、ひとつ学ぶとさらに知りたいことが増えていくような感じで、一年という留学期間はやはり短すぎるなあと思う時もあります。アトリエで先生や同級生が描く様子を見つつ、できるだけ多くのことを吸収できるように、今よりも次はもっと良い線が引けるように、と思います。何がどう自分の作品につながるのか、つながらないのかも分かりませんが、おもしろいと思うことを積み重ねて、日々過ごして行きたいと思います。

中国画の授業その2 陸抑非の写生と書法