2010年に制作した100号の作品「蜜月」がこのたび、山梨学院大学のパブリックコレクションとして収蔵されることになりました。
このコレクションは今年度から新設され、アートマネジメントを学ぶ学生さんの講義などにも生かされるとのことです。

「蜜月」は博士課程の学生時代に佐藤美術館の奨学生美術展のために制作して、アートスペース羅針盤での初個展や三菱商事アートゲートプログラムの奨学生作品展にも展示させて頂いて、多くの方に見て頂いた作品です。

作品は山梨学院大学のキャンパスセンターのエントランスに常設展示されるとのこと。
自分の制作の中でも、今の作品につながるきっかけとなった作品なので、これからさらに色々な方の目に触れながら生かされていくというのは本当に嬉しいことです。

山梨学院大学アートコレクション